岐阜県“人間と性”教育研究協議会
トップページ “人間と性” 教育文化センター岐阜県“人間と性” 教育研究協議会 (岐阜性教協)エイズサポートぎふ (ASG)レインボーぎふ

岐阜県“人間と性”教育研究協議会 (岐阜性教協)


岐阜性教協 2018年度年間行事計画表できました!
 2018年度年間行事計画表は、こちらから
 岐阜性教協の2018年度の年間行事計画表ができました!今から予定を入れておいてくださいね。
 ※会場が未定のところは、決まり次第ホームページでお知らせします。

岐阜性教協 12月例会のお知らせ(2018.11.9)
 
岐阜性教協12月例会のお知らせです。
 日 時:2018年12月1日(土) 13:30~16:00
 場 所:岐阜市 日光コミュニティセンター
 講 師:塚原 百合香さん <岐阜性教協幹事>
   『自校の性に関するカリキュラムを見直してみませんか?』
    ~「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」と照らし合わせてみよう~
塚原さんからの一言です
2009年ユネスコ等国連機関は、「性教育国際指針」として「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」を世界に向けて紹介した。
「教育ガイダンス」は、幼児から青年まで、4つの年齢層における発達段階と学習内容が整理されており、学校・教師、健康教育に関わる人たちのための重要な道標となるものである。
 本来なら文部科学省が翻訳すべきものであるはずだが、現在まで動きがない。(すでに翻訳しているのは、欧米をはじめ、中国、韓国、台湾等という)このガイダンスの中には、「多様性」「個」「人権」を重視し「セクシュアリティ」に関わる内容が明記されており、世界のスタンダードを知ることのできる内容である。文部科学省が翻訳しないのなら・・・と、日本語訳を出版したのが性教協の仲間たちであった。「性の権利は普遍的人権であり、包括的性教育を受ける権利は『性の権利』である。」というのが大前提であり、『性はすべての人にとって大切な学び』であるということがこの本から読み取れます。
 自分の学校の性教育実践を、この「国際セクシュアリティガイダンス」と照らし合わせてみたところ・・・というお話をしたいと思っています。

詳細は、こちらチラシから
託児をご希望の方は、保護者の電話番号とお子さんの名前、年令、配慮事項などを11/22(木)までに、メール(ningento@plum.ocn.ne.jp)かFAX(058-201-6730)にてご連絡ください。(一人300円です。)

 岐阜性教協  会報たまゆら 巻頭言
(2018年9月号)
 例会案内
岐阜性教協12月例会
(2018.12.1(土)開催)
 年間行事計画表
(2018年度)
私たち性教協は、人間が豊かに生きる時代をめざし、「性教育」や「人間」や「人生」について、
初心者もベテランも自由に語り合い、学び合っています。
会員になると、岐阜地域だけでなく、東海ブロック、全国の仲間とも、年間約10回以上の例会や
セミナーに参加し、学ぶことができます。
例会に参加できない場合も、会員には会報誌“たまゆら”で例会やセミナーの詳しい報告をお送り
しますので、それらを読むことでたくさんの学びがあります。
ヒューマンなセクシュアリティ・ジェンダー平等の、人や社会をめざして、自分とパートナー・
子どもたちや若もの・あらゆる世代の人の幸せを願って、
さあ、あなたもご一緒に、“人間と性と生”の学習をはじめませんか?
きっと、あなたとパートナーとの関係も、人生観も変わることと思います。(私たちがそうでしたから・・・)
会費は年間3,000円、郵便振替で以下のようにお願いします。
 郵便振替口座 0080-9-81429 岐阜性教協
①氏名・郵便番号・住所・電話番号(できれば勤務先も)明記して
②会費 年額3,000円(継続会員、および6月に入会の会員)
9月~5月までの入会のかたは、月額300円×5月までの月数を振り込んでください。

愛と性とエイズ相談掲示板へ ブログへ メールはこちらから“人間と性”教育研究協議会のページへ