岐阜県“人間と性”教育研究協議会
トップページ “人間と性” 教育文化センター岐阜県“人間と性” 教育研究協議会 (岐阜性教協)エイズサポートぎふ (ASG)レインボーぎふ
  |

岐阜県“人間と性”教育研究協議会 (岐阜性教協)


岐阜性教協2022年度年間行事計画表できました!
 
岐阜性教協の2022年度の年間行事計画表ができました。
 今から予定して、ぜひ参加ください。
 岐阜性教協2022年度年間行事計画表(PDF)



岐阜性教協11月例会のお知らせ!
※岐阜性教協11月例会は、予定通り下記内容で開催いたします。(2022.11.22)
 岐阜性教協11月例会のお知らせです。
☆日時 2022年11月27日(日)13:40~16:20
☆会場 岐阜市北部コミュニティ―センター防災会議室
 ※講師は、Zoom配信で講演を行い、参加者は会場での対面例会です。
☆講師 金尻 カズナ さん(NPO法人 ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)理事長)
『デジタル性暴力の加害者にならないために』
☆参加費(当日受付にてお支払いください)
 岐阜性教協会員:500円   一般:1,000円
☆申込方法
 11月21日(月)までに、岐阜性教協ホームページの申込みフォームまたはメールアドレスningento@plum.ocn.ne.jp宛、「お名前・電話番号・一般or岐阜性教協会員」を記載のうえお申し込みください。コロナ禍で、当日申し込み受付はいたしません。

☆金尻 カズナ さんからのメッセージ
 ぱっぷすでは、性的搾取やデジタル性暴力についての相談窓口を開設しています。スマートフォンの加速度的な普及により、中学生や高校生であれば児童ポルノ・リベンジポルノ、18歳を境に意に反してアダルトビデオや性風俗産業に巻き込まれる内容の相談が後を絶ちません。4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられましたが、被害の更なる低年齢化の懸念もあります。デジタル性暴力の被害予防だけではなく、加害者にならないためにどうしていけば良いか一緒に考えていきます。

詳細は、こちらのチラシをご覧ください。
お申込みフォームはこちら



 岐阜性教協  会報たまゆら 巻頭言
(2022年10月号)
 例会案内
11月例会の案内(2022.11.27開催)
 年間行事計画表
(2022年度)
私たち性教協は、人間が豊かに生きる時代をめざし、「性教育」や「人間」や「人生」について、
初心者もベテランも自由に語り合い、学び合っています。
会員になると、岐阜地域だけでなく、東海ブロック、全国の仲間とも、年間約10回以上の例会や
セミナーに参加し、学ぶことができます。
例会に参加できない場合も、会員には会報誌“たまゆら”で例会やセミナーの詳しい報告をお送り
しますので、それらを読むことでたくさんの学びがあります。
ヒューマンなセクシュアリティ・ジェンダー平等の、人や社会をめざして、自分とパートナー・
子どもたちや若もの・あらゆる世代の人の幸せを願って、
さあ、あなたもご一緒に、“人間と性と生”の学習をはじめませんか?
きっと、あなたとパートナーとの関係も、人生観も変わることと思います。(私たちがそうでしたから・・・)
会費は年間3,000円、郵便振替で以下のようにお願いします。
 郵便振替口座 0080-9-81429 岐阜性教協
①氏名・郵便番号・住所・電話番号(できれば勤務先も)明記して
②会費 年額3,000円(継続会員、および6月に入会の会員)
9月~5月までの入会のかたは、月額300円×5月までの月数を振り込んでください。
※住所など変更があった場合は、お知らせください。
※退会のお申し出がない場合は、自動的に会員継続になります。

愛と性とエイズ相談掲示板へ ブログへ メールはこちらから“人間と性”教育研究協議会のページへ